最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

一年と二ヶ月メールしてようやくの出会い

出会い系サイトおすすめランキング

職場の同期で40超えてるのにセフレが常にいるヤツがいた。
そんなカッコイイわけでもないし、お金があるわけでもない。
呑んでるといつもセフレ自慢されてて、それに触発されて俺も動いてみた。
ヤツがセフレを見つけるのは某出会い系サイト。
マジかよって思いながら、使い方からじっくり教えてもらう事に。

先生が良かったせいか、使い出してからすぐに27歳の人妻と仲良くなった。
でもこの人妻は「実際には会えない」と断言してた。
それでも師匠は「そういう女でも会うのが出会い系」とか言ってた。
「じゃなかったら出会い系なんて使わない」と断言してた。
だから俺は諦めずにメールをし続けてた。

なのにこの人妻は、1ヶ月経っても2ヶ月たっても「会うのは無理」の一点張り。
ズルズルとメールし続けて半年が経っても状況は変わらなかった。
そこで師匠に相談すると「そりゃ~もうダメだ、次行きな」というアドバイス。
でも出会い系初心者の俺は切るに切れず、そのままメールをし続けてた。
直メでメールしてたので、何か困ることもなかったし。

他の女を探そうと頑張ったが、そう簡単には見つからない。
¥目的だったり怪しさ満点だったり。
結局心が折れた俺は風俗に走ってしまい、性欲も落ち着いてセフレ探しは終了。
それでも「会えない」という人妻とを切れずにメールは続いてた。

ちょっとこの人妻の事を少し。
27歳で子供は無し。
旦那は8つ年上で、付き合って半年でプロポーズされたとか。
それで25歳の時に結婚。
結婚2年目で出会い系デビュー。
「ただメールで話を聞いて欲しかった」から使い出しただけで、逢いたいとか飲みに行きたいとかいう気持ちはゼロらしい。
ちなみに出会い系での名前は「チヨ」だったので、以降はその名前で書きます。

やっぱりオヤジには出会い系なんて無理!
そう思った俺は、ムラムラしてくると風俗に行って処理してた。
嫁とは月に1回あるかないかのプチセックスレス。
出産後もスレンダーボディーを維持してるが、それ故かなりの貧乳です。
Bカップと言い張るが絶対Aぐらいしかない貧乳。
子供に吸われたから乳首が長くなり、それはそれで卑猥なんですけどねw

ぶっちゃけいうと俺はムチムチ巨乳系が好み。
だから風俗ではそういう子を選んでは、性欲を吐き出してるって感じです。
40代の嫁とは肌のハリもツヤも雲泥の差ですしね。

そんな俺が切れずにチヨとメールをし出して、気がつけば1年以上経ってた。
会う気がないせいか、結構プライベートを教えてくれてた。
住んでる地域とか両親の事とか、出身校の話とか普通の友達っぽい感じで。
だからなのかメールしてても苦痛じゃなくて、俺もつられて仕事の話とか嫁の話とか漏らしまくっちゃってたw

そんなチヨとの関係が急展開したのは、メールをし出して1年2ヶ月ほどした頃。
チヨの夫婦もプチセックスレスで、その不満を時々聞いてた。
そんな状況でやっぱり俺と同じく、旦那もまた他で性欲を処理してたらしい。
でも俺以上に最悪な事に、相手がチヨの知り合い。
1ヶ月ほど「離婚する・しない」の不安定なメールが続いた。
悩んだ末に離婚を選んだチヨは、旦那を家から追い出して慰謝料も要求。
バタバタと3ヶ月ほどやってて無事離婚が成立した。

実家は会社を経営してて裕福な家庭らしい。
だからそこを手伝いながら悠々自適な独身生活がスタート。
でも実際は酒浸りで、毎晩のようにグダグダなメールが送られてくるようになってた。
友達と旦那に裏切られ、さすがに精神的に弱ってた。
可哀相だったから当然慰めてあげてたある日、「もうだめ」みたいな怖いメールがきちゃって焦りまくった。
このまま自殺なんかされたら最悪。
必死に説得し続けて、外に連れ出す事に成功した。
ヤルとかそんな下心は皆無で、死なれちゃ困るっていう気持ちだけだった。

マンションの下まで迎えに行き、初めてチヨとご対面した。
もう既に酔っ払ってるチヨは、想像とは違ってイイ女だった。
イイ意味で期待を裏切ってくれたお陰で俺のテンションも上がりまくりだった。
近くの居酒屋へ行き、愚痴を聞いてやる事にした。
平日だったせいか客は俺たちだけで助かった。
チヨはずっと「なぜ旦那が他の女に走ったのか」をしゃべり続けてたから。

「アタシの方が絶対スタイルもイイ、なのに何で?」
傍から見たら俺に絡んでるような口調。
じっくり話を聞いてみると、どうやらチヨは本気で旦那とセックスしてなかった。
恥ずかしいから電気は消してたし、本気でイッた経験した事すらなし。
「それが原因じゃね?」と伝えると、これから何十年も一緒に暮らす事を考えると、そんな姿を見せられなかった、とか言ってた。

「本当はどんなふうにしたかったの?」
そう尋ねる俺に「もっと命令とかされたかった」「強引にされたかった」「恥ずかしい事されたかった」みたいな話をしてくれた。
要するにチヨはオラオラ系が好きw
いつも「イヤッ」って口にしちゃうらしく、そうなると旦那はチヨが嫌がってると思って優しくしてくれてたみたい。
でも本当は嫌じゃなかったって話。

とんだエロ女かよ!って内心思いながら、チラチラ見える谷間ばかり見てた。
上着を脱いだ体は思いの外エロく、巨乳だし肌も白くてイイ感じ。
ここでようやく下心が膨れ上がってきた俺は、下ネタばかり喋らせた。

「言わなくても分かってくれるとか思わず、もっと自ら卑猥になれば良いんだよ」
「好きな人にそんな事できない」
「じゃ~好きじゃなければイイの?」
「分かんない、好きじゃない人とはした事ないから」
「もっと自分を曝け出す練習しなきゃダメだよ」
「でも・・・」

こんな会話をずっとしてて、気は熟したかなと思い「例えば俺だったら遠慮なんていらないだろ?」みたいな事を喋ってみた。
そしたらすんなりと「うん、そうかも」とか言う。
「まぁヤルヤラないは別として練習してみな」
そう言って返事を聞く前に「ちょっと自分の指先咥えてみな」と要求してみた。
「えぇぇ~~・・・」とか困った顔をしてたけど、想像以上にすんなりきいてくれた。

「こう?」そう言いながら指先を咥えたので「舌で舐めてみな」と要求。
すると「うぅ~ん、こう?」と恥ずかしそうな顔をしながら指を舐めてくれる。
「チンコだと思ってもっと舌出して舐めてみな」
「俺を見ながら舐めるんだよ」
「もっと舌出して。舌動かして」
どんどんエスカレートしてく要求にやたら素直なチヨ。
最後には卑猥な指舐めになってて、見てる俺は勃起してた。

一応タオルで指は拭いて、「今度はこれ舐めてみな」と口元に指を近付けてみた。
そしたら素直に「はい」なんて言いながらしゃぶり出した。
しかも俺の顔を見ながら恥ずかしそうな表情で。
調子にのってきた俺は舌を指先で撫でたりもしてやった。
「かなり興奮してんだろ?」
「うん」
「チヨはドスケベな女だな」
「ゴメンナサイ」
「チンコしゃぶると興奮するのか?」
「うん、する」
「しゃぶりながらオナニーしないのか?」
「した事ない・・・」

さすがにそこでオナニーさせるわけにはいかなかったから、卑猥な事を言わせる事に専念してみた。
これがまた最高で、初対面だったから特にヤバかった。
小声で「オチンポ」「おまんこ」とか言わせたり、離婚してからも毎日オナニーしてるとか白状させたり、それはもう最高に楽しかった。
カウンターに座ってて店の店主が奥に座ってたから、巨乳まで触る事に成功した。
口では「イヤッ」とやっぱり言ってたけど、揉まれても逃げる事もない。
逆に揉まれて興奮しまくりで、ハァハァ言っちゃってた。

普通の居酒屋でそんな事しちゃってるから俺もかなり興奮してた。
だから勃起したチンコも触らせたら、これで一気にチヨがヒートアップ。
旦那よりもデカかったようで、「凄い」「硬い」「ヤダ」とか言いながら触ってた。
すっごい楽しかった時間も、1人のオヤジが来店して終了。
馴染客らしく、カウンターに座って店主と喋りまくり。
ダメだと思って店を出て、時間も時間だったので帰る事にした。

もう電車も無い時間だったので、マンションの下まで送って帰るつもりだった。
なのに「お茶飲んで行きます?」なんて言われちゃったので、断る理由もなかったから部屋にあがらせてもらった。
旦那と暮らしてたから3LDKで広々とした間取り。
ソファーに座ってコーヒー飲みながら一息ついた後、やっぱりまた話題はさっきの行為になっていった。

「さっきみたいに積極的になればイイんだよ」
「ひかない?」
「ひかないよwもっとエロい女でもイイぐらいだぞ」
「そっかぁ~恥ずかしいなぁ」

もう周りに気を使う必要が無かったから、自然とキスに発展しそのままベロベロと舌を絡ませるキスに発展。
「もっと舌しゃぶって」という俺に、チヨは激しくしゃぶりついてきた。
だから巨乳を揉みまくると、キスしながら悶えまくる。
ソファーに押し倒してちょっと強めに巨乳を揉みまくった。
これにチヨも大興奮で、ナマ乳揉む頃には腰がクネクネ動き始めてた。

驚いたのはパンスト越しにアソコを触った時の感触。
すっごいベチャベチャw
指先が糸引くんじゃないかって思うぐらい、ぴちゃ~って染みてる。
こんなにもエロ女だったとは!と高ぶる気持ちを抑えながら、冷静に焦らし作戦。
クリトリスを時々触る程度で、ほぼ周辺だけを指先で撫でてた。
これにチヨは耐え切れなかったようで、腰が卑猥にもクネクネと動き出してた。
思い出したかのようにクリトリスを押し込むと、腰がビクビクッと跳ねる。

焦らしに脳ミソがスパークしたんじゃないかと思う。
舌をレロレロしてたチヨが急に俺の頭を掴み出して、チンコの上に跨ってきた。
スーツだったからシミ作られちゃ困る。
だから咄嗟に腰を引いて横に滑り、その代わりにチヨを押し倒した。

目の前に現れた巨乳を拝んだ時は、恥じらいもなくむしゃぶりついちゃいました。
ホントに美巨乳という言葉に相応しい。
乳輪の色も大きさも乳首の形状も文句なし。
ハリと柔らかさが同居してるプルンプルンで、感度がまた格段にイイ。
乳首にむしゃぶりつく俺をチヨは力強く抱き締めてきてた。

「なんて言うんだっけ?」
わざとらしくキスをしながら手マンしつつ尋ねてみた。
「オチンチン舐めさせて下さい」
俺の目をジッと見ながら恥ずかしそうな表情でそう口にしてきた。
「そんなにしゃぶりたいのか?」
「はい。。おしゃぶりしたいです」

チンコを引っ張りだしてやると、夢遊病患者みたいにスーッと顔を寄せてきた。
ベロンと出した舌で亀頭をベロベロ舐め回され、亀頭だけをチュポチュポしてくる。
「いつもそんなエロい舐め方で旦那のもしゃぶってたのか?」
「ううん。恥ずかしいから」
「こんなにエロくて上手いのに勿体ないな」
チヨは「うんうん」呻くような声を出しながら美味しそうにしゃぶってくれた。
嫁とは比較にならないテクにちょっと感動した極上の時間だった。

一緒に仲良くシャワーを浴び、チヨはまるで風俗嬢のように俺の体を洗ってくれた。
そして寝室のダブルベッドへ。
全裸にしても感動すら覚えるスタイルの良さに、10代の頃のように勃起した。
アソコはまるで少女のようで、ビラビラは開かないと出てこないぐらい小さい。
メラニン色素が少ないのか、周辺は真っ白で黒ズミが全くない美マン。
さらに陰毛もチョボチョボ程度しか生えてない、まさに俺の好みの美マンだった。

時間を忘れて愛撫に励み、暗黙の了解でゴム無しの初セックス。
激しく出し入れするとイキそうになるので、強弱をつけながら様々な体位を楽しんだ。
今まで出来なかったという騎乗位をさせると、馴れた感じで腰をグラインドさせてた。
クリトリスが擦れて「すぐイッちゃう」というので、バウンド系の騎乗位をさせた。
前に屈んできて俺の乳首舐めも初体験で、その行為をする自分に興奮しまくってた。

濡れが凄くなってきてやっと摩擦が軽減。
そこで四つん這いにさせてオネダリをさせ、ケツを掴んでガツガツ突きまくった。
「あの人と使ってたから」
俺がダブルベッドについて質問したら、ケツを突き出しながら教えてくれた。

「旦那と寝てたベッドで好きでもない男に後ろから犯されてる気分はどうだ?」
思わずそんな事を聞いたりもした。
「興奮しちゃうっ、すごいっ、興奮するっ!!」
旦那との思い出がつまったベッドでのセックスに、想像以上に興奮してたみたい。
ただの出し入れなのに、バックで2回も絶頂をむかえてた。

ラストスパートの正常位では、チヨは我を忘れて快楽を貪ってた。
自分で触れと命令してたので、クリトリスを右手で触りながら喘ぎっぱなし。
俺の奴隷になる、好きな時にこの体を使って下さい、そんな言葉も叫んでた。
「俺の性奴隷になる証として全部飲めよ」
「下さい、飲みたい、精子飲みたいです」
武者震いするほど興奮しながらイク寸前に引き抜くと、チヨは起き上がってきて慌てた様子でチンコにしゃぶりついてきた。
そしてそのまま一滴も零さずに飲み干していった。

命令される事に興奮し、奉仕する事に悦びを感じる女。
だからこそセフレとして囲っておくには最適だった。
人生で初めてのセフレだったから、初めはあれこれと悩んだりもした。
でもチヨは会ってる時はまるで彼女みたいな態度で接してくれる。
いつもメシを作って待ってるマンションへ行き、酒も飲んで終電ギリギリまでセックスをして帰るだけ。
なんといってもお金がかからないから最高だった。

「どうせ慰謝料だからイイの」
チヨはそういって、豪華な食材を使った夕飯を毎回作って待っててくれた。
ワインや時にはシャンパンなどもあり、ちょっと怖いぐらい恵まれてた。
先に食べ終わったチヨが物欲しそうな顔をするから、「ちょっとだけしゃぶらせてやろうか」なんて言うと、テーブルの下に潜ってフェラチオしてくる。
酒を飲みながらTVを見ていてもフェラするし、風呂に入ればまるでソープだった。

旦那が使っていたという8畳の洋間は、荷物すら無いガランとした部屋で空いてた。
だからそこをチヨの調教部屋にした。
来る度に持ち込んだ大人のオモチャやロープなどをその部屋で試し、チヨは潮まで吹くほど成長していった。
ある時は2時間ぶっ通しでバイブ攻めしてたら気絶しちゃった事もあった。
初めてセックスした時も感じたが、チヨは想像を超えるエロ女の素質があった。
澄ました顔してる時はやらしさなんてどこへやらなのに、部屋で二人きりになると急に淫乱顔に変貌しちゃうからすごい女。

4ヶ月ぐらいした頃だったと思う。
「中に出してもらいたい」なんて突然オネダリされた。
そりゃ~無理だ!俺結婚してるし子供もいるし!と当然断った。
でもそういう意味ではなく、ピルを飲むから中出しされたい、っていう意味だった。
精液を飲むのも嬉しい、でも中に出された経験が無いから、という。
それはもう願ったり叶ったりだという事で、さっそくピルを飲む事になった。

ちょっと仕事と家庭の事情で会えない日々が続いたが、初めての中出しをした日は俺もチヨも感動しちゃいましたねw
なんせ溜めに溜め込んだ精液の量はケタ違いで、子宮にビュンビュン当たるとかチヨは悦び、驚いた事にドクドク射精してる最中に昇天しちゃってた。
ちょっと目は白目になっちゃって、意識がぶっ飛んだみたいだった。
チンコを抜いた瞬間に流れ出る精液の量を見て思わず笑えたほど射精してた。

この日は4時間の間に3回も中に射精した。
精液まみれのオマンコにバイブをぶっ挿して、酷い事になるほど激しく出し入れした。
イキまくった後に表面を拭いて、また勃起したチンコを挿入する。
アナルにも細いバイブをぶっ込んで、バックでひたすら突きまくっての中出し。
もちろん精液で汚れたチンコは、チヨが丁寧に舐めて綺麗にしてくれた。

充実し過ぎる性生活にもやっぱり終わりはやってくる。
ある日なぜかチヨの将来の話になって、それを機に俺も真剣に考えるようになった。
このままセフレというか愛人として囲っておくのは不幸過ぎる。
まだ31歳になったばかりだったので、需要は十分にある年齢だったし。
肌が綺麗で童顔だったから、まだまだ十分魅力的な女でしたしね。

でもチヨは「もう男を信じる勇気がない」という。
「俺の事も信用してないのか?」と聞くと「特別だから」と照れて答えてくる。
そんな顔を見るとまたセックスが始まっちゃうので、話が進展する事はなかった。
でも去年の夏、一気に話が進展した。

同僚に自慢したかった俺は、バーベキューにチヨを「友達」として連れて行った。
そこで12歳年下の違う部署で働く男がチヨに一目惚れw
「紹介して下さい」なんて頭を下げてくるし、目がマジだったので勢いに負けた。
同僚に話を聞いてみると、実はそいつもバツイチらしい。
しかも嫁の浮気で悲惨過ぎる離婚を経験してるとか。

その日から猛アタックが始まり、チヨも満更でもない感じだった。
1番の決め手は絶倫&太さみたいw
そいつはフルマラソンに出ちゃうぐらいのランニングマンでして、体力がハンパなくあるとか言って、会えば3回は射精するという。
早漏だったら不思議じゃないけど、時間も普通でほぼヌカずの3連発。
これで長さは俺と同じぐらいらしいが、太さが凄いチンコの持ち主。
チヨの指が回らないなんていうほどで、多分缶コーヒーレベルの太さw
だから入れるとキツくて気持良すぎるんだって白状してきた。

そんな2人も先月から同棲する運びとなり、あのマンションは売却する予定。
引っ越し前夜に最後のセックスを満喫して、チヨをヤツに送り出してやった。
ちょっと泣いちゃったチヨに俺までウルウルしてきたけど、最後は笑顔でブチュブチュとキスをして別れたw
偶然出会えた淫乱女を手放した今、ちょっと勿体無かったなと後悔してる。

出会い系でSEXまで辿り着くためのコツ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

女子学生との出会い

OLとの出会い