お勧め出会い系サイト

  • ハッピーメール

    ハッピーメール

  • PCMAX

ブスでフェラ好きの人妻

出会い系サイトおすすめランキング

出会い系で知り合った人妻の話。

当時良く使ってた出会い系で、27歳の人妻と仲良くなった。
自分の事を「全然可愛くない不細工」という。
マメにメールくれるしメールだけならイイ女って思ってた。
結婚3年目にして旦那は構ってくれないみたいで、2年ぐらいのセックスレスだったみたい。
ギャグでチンコ写メ送ったら喜んでくれてさぁ。
胸には自信あるの、と美巨乳の写メをくれた。

初めはブラ付きだったんだけど、褒めまくったら簡単に脱いじゃって。
顔から下の上半身裸写メは、マジでスタイル抜群だった。
Dカップのオッパイはプルンプルンだし、乳輪も薄ピンク。
少しぐらい不細工でもこの体なら・・・と当然のように思うわけでw
巨乳写メをもらってからは、一気に大切にし出したわけです。

聞いてみるとフェラが凄く好きだという。
旦那のチンコも昔は毎日のように舐めてたし、舐めながらオナらせられてたんだって。
ローター使ってフェラしながらのオナニーは、彼女の取っては最高の快感だったとか。
入れたい気持ちはあるけど、ローターがあれば入れなくてもイイ。
そういう彼女は俺の写メ見て「舐めたいなぁ~」とか言ってくれてた。

ちょうどその頃、他にも出会い系で知り合った女の子がいて、そっちに忙しかった時期。
だから「この人妻はもうちょっと後で」みたいなノリで、会うのは先延ばしにしてた。
だからメールを初めて半年ぐらいは、エロメールやエロ写メだけ。
別に焦らしてたわけじゃないんだけど、彼女にとってみたら焦らされてる感じだったらしい。
毎晩のように俺のチンコ写メ見ながらオナってると報告してきてた。

やっとセフレが飽きてきたので、この人妻と遊ぶ約束をした。
会ったら車ですぐに舐めたいとか、ご飯前と後にも舐めたいとか、いろいろ言ってた。
まぁ~話半分ぐらいに聞いてたんだけど、フェラはしてもらおうかなと思ってはいた。
どんだけ不細工かは分からなかったしね。

一応人妻なもんで、仕事をサボって平日の昼間に会う約束をした。
3時間ぐらいしかないけど、初めての顔合わせだから別にイイかと。
郊外のホームセンターの駐車場で待ち合わせ。
どこどこに停まってると聞き、徐行して人妻の車を発見。
俺に気がついて、停めたらすぐにやってきた。

まぁ~不細工でしたわw
全体的にアンバランスというか、目とか鼻とか口のバランスが悪過ぎ。
整形して失敗したのか?って思うぐらい、バラバラなパーツだった。
ここまで不細工だとは思わなかったから、助手席に座る人妻を直視できない俺。
多分男のこんな態度には慣れてたんだと思う。

「やっぱり不細工過ぎた?」
と笑って問い掛けてくる人妻の顔には、やっぱり悲しそうな影があった。
だから無理して笑顔になりながら「いやぁ~不細工だわぁ~」とギャグっぽく返しておいた。
もうこうなったら仕方が無いわけで、とりあえずメシでも行こうって車を出した。
あまりの不細工さにフェラの事なんて頭からぶっ飛んでたわけで。
人に見られないような店は無いかと悩みながら車を走らせ、とりあえずファミレスへ。

車を停めて「行こうか?」っていうと、「まだ舐めてないから・・・」と助手席から身を乗り出してきた。
おぉ~!そうかぁ~~!忘れてたぞ!と俺も思ったんだが、なんつ~かフェラって気持ちにはなれないんだよね。
でも彼女は俺のベルトを外しにかかってて、それを断るわけにもいかず。
イイかって事でチンコをポロンと出したんですw
「はぁ・・・久し振りに見たぁ・・・」と独り言のようにいう人妻は、まだフニャチンをベロンベロンと舐め始めた。

マジかぁ~!と思うぐらい舌がすげぇ~動いてる。
どんなふうにやったら、こんな舌の動きができるんだ?ってぐらいの動き。
ハッキリ言って、今までヤッてきた女や風俗の女なんて比べ物にならない。
パクリと咥えてからの動きがまさに絶品だった。
根元まで咥えてしゃぶりあげる時、咥えたままで舌がベロッベロッと動くわけ。
裏スジをベロベロと舐めてるような感じなんだけど、チンコを咥えたままするんですよ。

亀頭の裏側を舌がレロレロレロ~っと動き、舌の粘膜が擦り付けられてる。
ベロが回転したりするもんだから、俺のチンコはビックリするぐらいギンギンだった。
猛烈な勢いで下半身に快感が広がり、思わず車の中なのを忘れてしまうほどだった。
寂れたファミレスとはいえ客は来るらしく、駐車場に車が入ってきてビックリ中断。
不細工な顔だったが口の周りをヨダレで汚した顔は、M女特有の変態顔になってた。

自意識過剰だとは思うが周りの視線を感じつつ、1時間半ぐらいのランチは終了。
不細工とか関係ないから!とゴチってあげるとすげぇ~喜んでた。
車に戻ったが「すぐに舐めて」とも切り出せず、まずはひと気の無い場所を探してみる事にした。
郊外とはいってもさすがにそんな調子の良い所は無く、困ったあげくに辿りついたのがカラオケ。
友達とよくカラオケには行くらしく、会員カードも持ってるよというので行く事に。

もう時間は1時間ぐらいしかないんだけど、お互い妙に気まずい雰囲気。
顔だけ見なければスタイルは抜群なので、とりあえず巨乳を揉んでみた。
顔を見たくないからじゃないけど後ろに回り、思う存分揉みまくった。
男に揉まれるのが久し振りだからなのか、それだけでもう普通に喘ぐ人妻。
顔さえ見なければ・・・と思っていると俺の息子もギンギンに。
それを察知したのかすぐに後ろ手でチンコを弄り出した。

手を突っ込んで生乳揉むと、我慢できないと俺を見つめる人妻。
あぁ~~やっぱり可愛くないと思いつつも、思わずキスをしてみた。
これがまた素晴らしいキスで、目を閉じてるから気分は最高。
俺の舌をしゃぶるだけじゃなく、歯茎や舌の裏までねっとり舐め回された。
我慢できなくなった俺はチンコを出し、ドアから死角になる場所に移動。

人妻は「あぁぁ~ん・・っ」とやらしい声を出しながら、チンコにむしゃぶりついてきた。
車の中で味わった絶品のフェラが始まり、上から見てると眺めも最高。
おっぱいを揉みながら「オナってもイイよ」と言ってみた。
オナれよ・・とは言えなかったからねw
そしたら「はぃ・・」とオナり始める人妻。
これがまた最高にエロ過ぎ。

オナり始めるとしゃぶり方も変わるらしく、ドンドン激しさを増していく。
咥えながらの舌の動きは「どうなってるんだ?!」と思うぐらい、変な風に動きまくり。
しゃぶりながら興奮するっていうか感じてるみたいなんです。
よく亀頭をグルグルと舌を動かして舐める子いるでしょ?
それが咥えたままでもできるし、奥まで咥えてもできるんです。
ジュポジュポをしゃぶり上げながら、舌がベロンベロン動くもんだから堪らんです。

今までフェラだけでイッた経験が無かった俺。
フェラ+手コキってのが普通でしょ?
なのにこの人妻の場合は違ったんです。
途中から咥えたまま喘ぎまくりで俺も巨乳を揉みまくりだったから、相当興奮してたんだと思う。
舌が亀頭を舐めまくりでバキュームフェラをくらい、初めて純粋なフェラだけでイッてしまいました。

「あぁ~イキそうになってきちゃったよ・・・」
「出してっ・・・このまま出して下さいっ・・・」
「出すよ?口の中に出すよ?」
「んんんっっっ・・・」

もう巨乳をかなり強く揉みながら、思いっ切り口の中にドクドクと放出しました。
この出してる時がまた最高。
普通は舌を動かさないような状態でしゃぶり上げるでしょ?
この人妻は、イッてる最中でも舌が亀頭をグルングルンと動かしまくるんです。
思わず声が出るほど気持ち良くて・・・っていうか、多分「んはぁうっ」とか言ってたと思うw
ドックドク出る精子をしゃぶり上げ、もう俺は放心状態でした。

人妻は出される精子をそのまま飲み干してたみたい。
イキ終わった後もチンコを舐めていて、絶妙な力加減で極楽でした。
くすぐったさが出てきて俺が腰を引くと、分かってますよという感じでフェラが終わった。
バキュームフェラが終わっただけで、その後は丁寧に舌でチンコ全体を舐めまわしてた。

精子を出すと一気に賢者タイムなわけですw
でも無理やり明るい態度を作り「凄い気持ち良かった」と抱き締めてあげました。
「アタシもイッちゃった・・・」とその時言われ、実は俺が精子を出してる時に人妻も絶頂を迎えていたみたい。
イキそうな状態を何度も繰り返し、俺のタイミングに合わせてイッてたんだってさ。
慣れているというかホントにフェラしながらオナるのが好きなんだなって思った。

この人妻、かれこれ1年以上も関係が続きました。
100回以上は会っていますが、入れたのはほんの数回だけ。
毎回フェラだけで帰るっていうかなり好都合な関係でした。
どれだけ俺の精子を飲んだのか・・・想像したくないですねw

世の中にはモノ好きってのがいるもんで、この人妻・・・新たにセフレができたんです。
主婦友に誘われて行った合コンで、この不細工ちゃんを気に入った男がいたみたい。
俺とは違って会えば濃厚なセックスもしてくれるらしい。
というわけで俺との関係は終わったんだが、会わなくなると寂しいもんですなw
また出会い系でセフレをみつけたんだけど、あれほど絶品なフェラは・・・ないっすね。
もうあの顔にも慣れてるし、また連絡して舐めてもらおうかなって悩み中。
旦那に相手にされなくなった彼女の気持ちを考えたら、その男に愛された方が幸せなんでしょうけどね。
にしてもあのフェラが忘れられない男の話でした。

出会い系でSEXまで辿り着くためのコツ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

女子学生との出会い

OLとの出会い